ContentsLogo-Home




 
Top > 開発ソフトウェア / CSV to Excel

CSV to Excel
CSV to Excel は、複数の CSVファイルを連続して Excelファイルに変換することができるソフトウェアです。

通常、CSVファイルを Excelファイルにするには、Excelで開いた後にExcel形式で保存する必要がありますが、このソフトではCSVファイルをドラッグ&ドロップ(複数ファイル可)するだけで、Excelファイルを作成することができます。

また、Excelで CSVファイルを開いた場合、数値のみの項目は本来 文字列項目であっても、前ゼロが消えたり指数表示になったりと、不便なことがあります。
しかし、このソフトでは事前に文字列にしたい列名を設定しておく事で、文字列として正しく認識させることができます。

ver 2.00 より、ExcelがインストールされていないPCでも実行可能になりました。


特徴

  • 複数の CSVファイルを Excelファイルに一括変換。
  • ExcelがインストールされていないPCでも実行可能。
  • 操作はドラッグ&ドロップするだけ。
  • コマンドラインからの起動では、CSVファイル名にワイルドカードの指定が可能。
  • 設定によりウィンドウ枠の固定、列幅の自動調節、前後のスペース除去を自動実行。
  • 区切り記号はコンマ(,)、タブ(Tab)を自動判別。
  • 前ゼロが消えたり指数表示になってしまう項目も、設定で列名(の一部)を登録しておけば文字列として表示。(※ CSVファイルの 1行目が列名の場合)
    また、すべての列を文字列として変換することも可能。
  • ダブルコーテーションで括られた項目は、中に区切り文字や改行が含まれていても一つのセルとして扱う。
  • 実行結果はログファイルに保存。行数や実行時間、エラー内容を確認できる。


  • スクリーンショット

    ■Excel変換中の画面



    ■オプション設定画面


    ダウンロード

  • csv2excel2081.zip   [416 KB]  (2017/04/23)

  • バージョン: 2.081
    種別: フリーソフト
    動作環境: Windows 10/7, Server 2003/2008/2012
    必要なもの: Microsoft .NET Framework 4
    ※Windows Server でエラーとなる場合は、こちらをお試しください。


  • csv2excel208.zip   [416 KB]  (2017/02/22)

  • csv2excel208.exe - インストーラ付き   [872 KB]  (2017/02/22)

  • バージョン: 2.08
    種別: フリーソフト
    動作環境: Windows 10/7, Server 2003/2008/2012
    必要なもの: Microsoft .NET Framework 3.5


    ▼旧バージョン
  • csv2excel103.zip   [28 KB]  (2009/05/10)

  • csv2excel103.exe - インストーラ付き   [375 KB]  (2009/05/10)

  • バージョン: 1.03
    種別: フリーソフト
    動作環境: Windows XP
    必要なもの: Visual Basic 6.0 ランタイムライブラリ、Microsoft Excel


    改版履歴

    [ver 2.08] (2017/02/22)
     ・TSVファイルで項目がNULLのためタブが複数続いている場合に、正しく区切られず詰まってしまうバグを修正。

    [ver 2.07] (2016/05/22)
     ・オプションに「全ての列を文字列として扱う」を追加。
     ・オプションの「前後のスペースを除去」の動作を、全角スペースも対象とした。

    [ver 2.06] (2016/01/10)
     ・オプションの「右スペースを除去」を「前後のスペースを除去」に変更。

    [ver 2.05] (2015/12/06)
     ・1行目より列数の多い行があった場合にExcelが作成されなかった不具合を修正。

    [ver 2.04] (2015/11/28)
     ・CSVファイルの文字コードがEUC-JPとUTF-8(BOMなし)の場合に変換できなかった不具合を修正。

    [ver 2.03] (2015/09/26)
     ・設定ファイルの保存先をプログラムと同じフォルダが指定できるようにした。

    [ver 2.02] (2015/01/18)
     ・Excel作成ライブラリをOpen XML SDKからEPPlusに変更。

    [ver 2.01] (2015/01/16)
     ・設定ファイルとログファイルの保存先をApplicationDataフォルダに変更。

    [ver 2.00] (2015/01/03)
     ・.NET Frameworkで一から作り直し。Open XML SDKを使用することで、Excelが
      インストールされていないPCでも.xlsxファイルを作成できるようになった。
     ・変換速度が向上。
     ・Excel97-2003形式(.xls)は非対応。
     ・ダブルコーテーションの扱いをCSVの仕様に合わせた。
     ・変換中のファイル名をタイトルバーに表示するようにした。
     ・キャンセルボタンを廃止し、ESCキー押下かウィンドウの×ボタンで処理を中止
      できるようにした。(※CSV変換中のみ。書式設定中および保存中は不可)
     ・区切り記号からセミコロン(;)を廃止。
     ・設定ファイルとログファイルをProgramDataフォルダに作成するよう変更。

    [ver 1.03] (2009/05/10)
     ・コマンドライン実行時にファイル名にワイルドカードの指定を可能にした。

    [ver 1.02] (2008/08/01)
     ・実行画面にキャンセルボタンを追加。変換処理を中止できるようにした。
     ・プログレスバーに%値を表示。

    [ver 1.01] (2008/07/29)
     ・Excel2007 の場合は、拡張子を .xlsx にするよう修正。
     ・上記に伴い、ソフト名称を CSV to XLS から CSV to Excel に変更。

    [ver 1.00] (2008/07/28)
     ・初版


    掲載誌

  • 使える!EXCEL・WORDフリー&シェアソフト 厳選430 2010年版/成美堂出版
  • Windows100% 2008年10月号/晋遊舎